2019年07月03日

加守田章二の陶芸 : Ceramic art of Kamoda Shoji

0487doc20190619183255cs.jpg

先日、菊池寛実記念智美術館に「野蛮と洗練、加守田章二の陶芸」展を見にいった。
陶芸家の加守田章二(かもだしょうじ)が1983年に亡くなるまでに残した様々な作品が並ぶ中で一番心を惹かれたのは、画像に載せたような曲線彫文扁壷(きょくせんちょうもんへんこ)と言う作品群だった。
それ等は岩手県の遠野で現地の土を使って作られ、鈍い色彩を持ち、表面全体に規則的な模様が施され、所々細かい石の粒が現われている。
物としての強い存在感と個性を持ちながら、どこか抽象的で軽やかにも感じられる。
そして優れた作品が皆そうであるように、言葉を幾ら並べても表わせないような魅力が感じられる。
陶芸の事に詳しくはないけれど、その世界に在りながらその美意識を揺さぶり、超えて行く力が有るように思った。
展覧会は7月21日までの開催で、下記ウェブサイトに案内が有る。
http://www.musee-tomo.or.jp/exhibition.html
posted by masaaki at 21:05| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

中川憲造さんを悼む : Mourning for Mr. Nakagawa Kenzou

6月20日、グラフィックデザイナーの中川憲造さんが亡くなられた。
中川さんとは横濱まちづくり倶楽部で知り合った。
倶楽部が発行する雑誌PeRRY(ペリー)は中川さんを中心に作られていて、ここで取り上げた4号では僕も記事を書かせて貰い、次の5号では僕をフィーチャー編集長にして横浜の交通を取り上げる事になっていたのだけれど、僕が病気になり中川さんも体調を崩されたので進んでいなかった。
少し教えてやるからやってみろよ、と言われているのだと思って頑張るつもりでいたのに、その機会は失われてしまった。
中川さんが2018年に横浜文化賞を受賞された時、それを報じた神奈川新聞の記事には「25年以上にわたりデザインを通じて横浜の都市ブランド向上に寄与」と書かれていた。
中川さんに相応しい受賞理由だったと思う。
心よりご冥福をお祈りする。
posted by masaaki at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

病理学学び始め : Starting to study pathology

0485doc20190619182743cs.jpg

今回病気になって気付いたのは、自分が体の仕組みや病気についてまるで解っていない、と言う事だった。
当然病気の事は病院と医師に任せるのだけれど、診断の内容を理解し納得した上で治療を受けたいとすれば、患者にも知識は必要だ。
それで退院してから読んだのが、仲野徹著「こわいもの知らずの病理学講義」と言う本。
仲野さんは大阪大学の先生で、その講義の内容を近所のおっちゃんおばちゃんにも解るようにと言う方針で書いている。
病理学とは何かから始めて、細胞と血液について説明し、分子生物学の基礎的な知識に触れ、後半は代表的な病気として癌について述べている。
逆に言えば、癌について理解する為には細胞や血液、分子生物学についてある程度解っていなければならないと言う事になる。
相当に専門的でかつ新しい事が書かれているけれど、解り易く読み易い。
入院する前に読めばもっと良かったと思う。
posted by masaaki at 21:27| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

上荻野ランチで馬に乗る : Riding horses at Kamiogino ranch

0484IMG_2956cs.jpg

先月の連休中、友人に誘われて厚木の上荻野ランチと言う所を訪ねた。
2年前にそこでゲルを組み建てるのを手伝い、その事をこのウェブログに書いたのだけれど、今回は一日遊んで過ごした。
主のTさんは馬に乗って弓を射るホースバックアーチリーの名手で、そこでは2頭の白馬が飼われている。
友人達がその馬に乗ると言うので、僕も滅多に無い機会だと思って乗せて貰う事にした。
2頭はどちらも大人しく、世話をしているYさんに手綱を引いて貰ったので、怖い思いをする事も無く楽しかった。
記憶を辿ると、子供の頃に母と祖母に連れられて行ったこどもの国で一度、馬に乗った事が有った。
その頃家では犬を飼っていたけれど、馬を見るのは初めてで、大きな犬のようだと感じたのだろう。
犬と散歩する時は散歩してやると言う気持ちになり、馬に乗る時は乗せて貰うと言う気持ちになるのは、その時から変わらないようだ。

posted by masaaki at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

「言語にとって美とは何か」を読んで自分の仕事を考える : By reading "What is beauty for language", thinking about my work

0483doc20181219130147cs.jpg

昨年末、古本で買った吉本隆明の著作「言語にとって美とは何か」の2巻を漸く読み終えた。
今まで読んだ本の中で最も読み応えが有るものだった。
言語の働きを大きく指示表出性と自己表出性の2つの面で捉え、それを横軸と縦軸にした図を用いながら様々な言語表現について論を進めている。
その独創性と見方の鋭さには畏敬の念さえ感じてしまう。
無理を承知でこの方法を自分の仕事である建築に当て嵌めてみると、指示表出性は施設としての機能、自己表出性は作品としての表現、と考えても良いように思う。
そうすると自分の事務所で手掛けた建物は大体その2つの面を持つ事になるのだけれど、その関係やバランスについては今まで充分に考えられていなかった事に気付く。
自分の仕事についてはもっと意識的にならないと行けないし、その為には何らかの考え方の基準のようなものがあるべきなのだ、と改めて思う。
posted by masaaki at 18:31| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

図形科学の授業 : The lesson of the graphic science

0482IMG_2997c2s.jpg

4月から週1日、大学で図形科学の講師を務める事になった。
病み上がりで体力に不安が有ったけれど、前任の先生や周囲の人達に助けて貰って、今の所何とか無事に出来ていると思う。
図形科学は一般的に図学と言う事が多く、3次元の物体とそれを表現する2次元図形の関係などを扱う。
授業では講義に続けて演習を行い、製図と作図の基礎的な方法を学んで貰う事になっている。
今まで他人を教える事には余り興味を持っていなかったけれど、年齢を考えればそう言う事に時間と労力を使うべきかも知れないし、また自分自身にとっても良い機会になるだろうと思う。
まずは今学期の半年間、しっかりと務めたい。

posted by masaaki at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

生涯2度目の入院 : The second hospitalization in my life

0481IMG_2598s.jpg

1月半ばから3月初めまで、1か月半を病院で過ごした。
生涯2度目の入院だったけれど、1度目は幼い頃でほとんど覚えていない。
大人しく寝ていれば良いのかと思っていたら大間違いで、苦しかったり痛かったり吐いたり下痢をしたり熱が出たり水ぶくれになったり、点滴が上手く出来なかったり栄養剤が合わなかったりと、様々な経験をする事になった。
それでも整った設備を持つ病院で優れた医師や看護師の人達に面倒を見て貰っていたのだから、恵まれていたと思う。
また病室は友人の助言に従って個室を選んだので、周りを気にせず過ごせたし、来る人は皆自分の為に来てくれると言う安心感が有って、随分と助かった。
多くの人達に感謝して、その気持ちを忘れないようにしたい
posted by masaaki at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

2019年の年賀状 : The new year's card of 2019

0480nenga2019s.jpg

あけましておめでとうございます。
ことしもよろしく
おねがいいたします。
2019年正月

去年の年賀状にはぬいぐるみ達の絵を使ったけれど、今年はその前の年と同じようにサインペンで書いた書を使った。
絵よりも毛筆で書いた書よりも、こうしたものの方が自分らしさは出ていると思う。
posted by masaaki at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

道路とLRTとカーフリーデー : Road, LRT, Car Free Day

0479cfdjapan_ 3mai_cs.jpg

都市が魅力的である為には建物だけでなく道路や広場、公園などのオープンスペースも魅力的なものでなければならないと思う。特に道路は都市の性格を大きく左右するから、それをどう使うかと言う事を真剣に考えなければならない。
掲載した写真は70人が移動する時に必要な道路上の面積を比較したもので、自動車は54台(注1)、自転車は70台、バスは1台となっている。一目見て解るように自動車が断然効率が悪く空間を贅沢に使ってしまう。自動車は便利で多くの人が使う乗り物だけれど、環境や安全の面でも問題が有り、街中では厄介な存在である事が多い。世界的に見れば都市の中心部では自動車、特に自家用車の利用をある程度制限し、交通手段は徒歩と自転車、それに公共交通を中心にすると言う事は常識になっていると思われる。
私は以前から「横浜にLRTを走らせる会」の一員として活動を行い、「横浜カーフリーデー」にも参加をしている。LRTとはLight Rail Transitの略で、日本語にすれば「次世代型路面電車システム」。バスより速く時間に正確で地下鉄より建設費が少なく、人や街に近い優れた公共交通システムだ。一方カーフリーデー(注2)を日本語にすれば「車の無い日」。都市の一部に一日自家用車を使わない地域を設けて交通や環境、生活について考える機会とする社会実験で、毎年世界中の2000以上の都市で行われている。今年2018年の「横浜カーフリーデー」は9月23日に日本大通りと横浜公園を主な会場として行われ、約15000人の来場者が有った。
横浜の中心部の近い将来の姿として、カーフリーデーが発展したような形で交通の主役が徒歩と自転車、公共交通となり、LRTが走るようになれば素晴らしいと思っている。

写真資料提供:一般社団法人カーフリーデージャパン
(注1):国土交通省「道路交通センサス」の2010年のデータより約1.3人/台として計算。
(注2):正式名称は「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー」。9月16日から22日まで一週間のモビリティウィークを行い、最終日にメインイベントしてカーフリーデーを行う事が一般的。

ヨコハマNOW第104号 2018年12月10日掲載
http://yokohama-now.jp/home/?p=18146
posted by masaaki at 19:57| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

ダイアナ・クラールの歌を聴く : Listening the song of Diana Krall

Diana Krall Live in Paris

前回書いた藤枝の友人が毎日のようにダイアナ・クラール(Diana Krall)のCDを聴いていると聞いて、少し驚いた。
僕も時々聴いていたのだけれど、何となく気恥ずかしくて音楽の趣味が近いその友人には言わなかったのだ。
彼女の歌を初めて聴いたのは別の友人の所で、最近手に入れたCDはまた別の友人から譲って貰った物だから、結局は同じような趣味の人達と付き合っているのかも知れない。
彼女の歌の何処が良いのか?
例えば「ライブインパリス」(Live in Paris)と言うCDに入っている「素顔のままで」(Just the Way You Are)と言う曲は、元々僕が高校生の頃に人気が有ったビリー・ジョエル(Billy Joel)の曲だけれど、今聴くなら彼女が歌うものの方が断然良い。
posted by masaaki at 18:48| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

朝比奈大龍勢 : Asahina Oryusei

0477IMG_2278s.jpg

10月20日に静岡県の藤枝市岡部町へ朝比奈大龍勢(あさひなおおりゅうせい)を見に行った。
龍勢とは筒に火薬を詰め竹竿に結んだロケットのようなもので、朝比奈大龍勢はこれを打ち上げる祭りとして2年に1度開かれている。
今年は岡部町へ移り住んだ友人が打ち上げる側として参加すると言うので、その友人宅にお邪魔してのんびりと見続けた。
13有る連と言う集まりがそれぞれ異なる龍勢を作り、上がる前の口上から上がって行く姿、煙と火花、落下傘などの仕掛けまで、色々な工夫が見られて中々面白い。
戦国時代に有った連絡用の狼煙(のろし)が起源だそうだけれど、龍と言う言葉と共に川や雨乞いに繋がる呪術的な性格も感じられる。
良くこう言うものが残っていたものだと思う。
posted by masaaki at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

PeRRY 4号 : PeRRY vol.4

0476PeRRY4hyoushi_s.jpg

横浜にPeRRY(ペリー)と言う雑誌が有る。
横濱まちづくり倶楽部が発行するシティブランディングマガジンとして、中川憲造さんを中心に2017年1月の1号から2018年9月の4号まで、毎回異なる装丁と内容で読者を楽しませてくれている。
最新の4号では開港期の花火師、平山甚太が作った平山煙火製造所の絵入型録(カタログ)が特集されていて、絵柄としてだけ見ても面白いし、紹介されている昼花火や夜花火がどんなものだったか想像しながら見てもまた面白い。
僕は横濱まちづくり倶楽部の会員になってからこの雑誌が届くのを毎回楽しみにしていたのだけれど、この号では特集の後に「道路をどう使うか〜LRTとカーフリーデー」と題した短文を書かせて頂いた。
絵入型録のお陰で多くの人に読まれる事を期待している。
PeRRY 4号の販売情報は下記サイトにて。
http://www.madeinyokohama.jp/shopdetail/000000000481/
posted by masaaki at 23:21| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

ヤマトさんのHangの音色 : Yamato's sounds of Hang

0475doc20180928190045cs.jpg

7月に僕の事務所の近くに有るレストランDolce(ドルチェ)で開かれたヤマザキヤマトさんのコンサートで、Hang(ハング)と言う楽器の音を初めて聴いた。
Hangは鉄製で、2つの鍋を合わせたような形をしていて、手で叩いて音を出す。
20世紀にスイスで発明され、今は作られていないと言う。
その音色は同じ鉄製のスティールパンに近いけれど、ずっと柔らかくて、深いけれど深過ぎず、透明だけれど透明過ぎない。
その時買ったCD、"From the universe"(フロムザユニバース)にはコンサートとは違って楽器の音だけが入っていて、集中して聴いても何かをしながら聴いても心地良い。
ヤマトさんの下記サイトでもその音を聴く事が出来る。
https://www.yamazakiyamato.com/
posted by masaaki at 00:17| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

横浜カーフリーデー&モビリティウィーク2018 : Yokohama Car Free Day & Mobility Week 2018

0474_2018ycfdchirshi_s1.jpg

(お知らせ)
9月23日午前11時から午後4時まで、横浜の日本大通りと横浜公園で「横浜カーフリーデー&モビリティウィーク2018」が開催されます。
カーフリーデーを日本語にすれば「車の無い日」。
都市の一部に一日自家用車を使わない地域を設け、市民がそれを体験する事で交通や環境、生活について考える機会とする社会実験です。
1997年にフランスのラ・ロッシェルで始まり、現在ではカーフリーデー&モビリティウィークとして世界中で2000以上の都市に広がっています。
横浜では2004年に市民が中心となって始まり、横浜にLRTを走らせる会も参加を重ねて来ました。
同会は今回も日本大通りの一角でパネルや模型の展示、スタンプラリーポイントとしてのクイズなどを行い、私もその一員として参加する予定です。
詳細は主催者である横浜カーフリーデー実行委員会の下記ウェブサイトをご覧下さい。
http://lrt.cocolog-nifty.com/yokohama/
なお荒天の場合は中止となりますので同サイトでご確認下さい。
posted by masaaki at 19:26| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

若くない読者が読んだ「第三のチンパンジー」 : Not young people read "The Third Chimpanzee"

0473doc20180910144810cs.jpg

今年1月から3月にかけてNHK教育テレビで放送された<新>ダイアモンド博士の"ヒトの秘密"は、自分が一時留学して授業を受けているような気分になれて楽しかった。
またその復習のつもりで読んだジャレド・ダイアモンド著、レベッカ・ステフォフ編集、秋山勝訳の"若い読者のための第三のチンパンジー"も、期待通りに面白かった。
第三のチンパンジーとは人間の事で、チンパンジーと人間の遺伝子が98.4%同じである事から始めて、人間とは何かと言う事が幅広く探求されている。
博士の見方は謙虚でありつつ冷徹で、例えば環境問題では、人間の社会は産業化以前の何千年に渡って多くの生物種を絶滅に追いやり、環境を破壊し、自らの存在を危うくしていて、昔は良かった式の見方は当て嵌まらないと言う。
物事の良い面と悪い面を冷静に見た上でこれからの事を考える、と言う態度が貫かれていて、多くの発見と示唆を与えてくれる。
posted by masaaki at 19:46| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

1分の1と3分の1 : The one first and the one third

0472IMG_1691s.jpg

六本木の森美術館で開催されている「建築の日本展」を見に行った。
一番良かったのは、千利休作と伝えられる茶室の待庵(たいあん)が原寸で再現されていた事。
待庵に限らず国宝や重要文化財になっている茶室は見るとしても外側からだけ、と言うのが普通なので、中に入る体験は貴重なものだ。
初めに外観を見た時にはやや違和感が有ったけれど、実際に靴を脱いで入ってみると、予想していなかった程に居心地が良く、暫くそこに居続けたいと思った。
部分として色々な所を見る前に、まずその暗さや寸法、材料、それ等の関係などの全体が、そう感じさせたのだろう。
一方、3分の1の大きさで再現された丹下健三の自邸には少しがっかりした。
中途半端な縮尺で、実物とは違うと解っていても、どうしてもある程度混同して見てしまう。
原寸で部分を再現するか、5分の1位の縮尺にした方が良かったように思う。
posted by masaaki at 21:51| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

22cm角の絵 : The drawing of the 22cm square

0471doc20180821115906cs.jpg

 美術館でゆっくり絵を見るのも良いけれど、気の向くまま街中の画廊を訪れるのも悪くない。ふと立ち寄った先に思いの他素敵な作品が有って、作者から話しを聞けるような事にでもなれば最高だ。とは言え、いくら気に入った作品が有っても、それを買うとなると簡単ではない。費用の事も当然有るし、飾る場所や保管の仕方も考えなければならない。だからほとんどの場合、作品を記憶に残しただけでそこを離れる事になる。
 画像に載せた絵の場合は例外で、この6月に横浜の画廊で見つけて目を離せなくなり、その場で買う事を決めた。題名は"motorcycle touring 20180209"、作者は牧孝友貴(まきたかゆき)さんと言う若いかただった。オートバイでツーリングをした時の経験と印象を元に描いたものだと言う。絵の大きさは縦横とも22cmで、普段使っているパソコンのモニターより小さいのだけれど、その小ささが、買う決心を後押ししてくれた。それは費用や場所を考えたからではなくて、鮮やかで暖かみが有る色彩やタッチ、遠くにも近くにも思える構成などを見ているうちに、この絵にはこの大きさが良い、と感じたからだと思う。
area045 建築家のコラム 2018年08月24日掲載
http://www.area045.com/mutter/292.html
posted by masaaki at 23:31| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

書のワークショップ : The Workshop of Sho

0470IMGP6522s.jpg

6月のある日、友人の設計事務所で開かれた書のワークショップに参加した。
以前から細々と書塾に通い続けているけれど、他の所で教えて貰う機会は中々無い。
講師は書楽家を名乗る安田有吾さん、参加者は僕を含めて7人だった。
画像に載せたのはその一こまで、手前右に居るのが僕、左に有るのが僕が書いたもの。
自分の名前を書いて向かいの人と交換し、それを真似て書くと言う事だった。
臨書と言って手本通りに書く事は書塾でもするけれど、その場合は昔の人が書いた名品とされるものを手本にする。
そうではなく目の前の人が書いたものを手本にすると、それと書いた人を結び付けて考えたり、普段していないような筆の使い方をしたりと、新鮮な経験になった。
他にも色々と工夫されたプログラムが続いて、後半は少し慌しかったけれど、楽しく実り多い時間だった。
posted by masaaki at 17:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

2018夏LRTフォーラム : 2018 summer LRT forum

(お知らせ)
7月14日(土)午後1時半から、横浜にLRTを走らせる会の主催で「2018夏LRTフォーラム」が開催されます。
テーマは「まちづくりにおけるLRTの役割〜宇都宮の事例から考える」。
2022年の開業を目指して先日着工された宇都宮市と芳賀町のLRTを取り上げ、宇都宮共和大学の古池弘隆先生、宇都宮市の吉田信博副市長に講演をして頂いて、横浜でのLRT実現に向けて考える機会にしたいと思っています。
場所は大桟橋入口近くの波止場会館"http://www.hatoba.jp/access.html"、参加費は1000円、事前申し込みは不要です。
詳細は横浜にLRTを走らせる会のウェブログ"http://lrt.cocolog-nifty.com/yokohama/"をご覧下さい。
当日は私も会場に居る予定です。
posted by masaaki at 15:32| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

土地被覆タイプ地球儀 : The land cover type globe

0468DSCF2314c.jpg

子供の頃、ずっと地球儀を欲しいと思っていたのに、手に入れられなかった。
今になって買おうと思って調べてみると、色々な種類の物が有る。
まず考えたのは衛星写真を使った物だったけれど、不完全な模型のようで気に入らない。
やはり地図のように様々な情報を教えてくれる物が良いと考えて、「土地被覆タイプ」の地球儀を選んだ。
常緑樹林は濃緑色、潅木は灰緑色、草地は黄緑色、裸地は青灰色、と言うように土地表面の状況が色で示され、緑の分布を知る事が出来る。
これを上下左右に回しながら見ていると、色々と気付いたり考えたりして、飽きる事が無い。
欲を言えば、分類の数を減らし色の差を大きくするなどして、区別をし易くして欲しかった。
posted by masaaki at 23:08| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする