2011年01月22日

ドマーニ


Domani

横浜市郊外の港北ニュータウンに、「ドマーニ」と言うピザの店が有ります。
私の家からだと車を使う事になってしまうのですが、おいしくて店の人達の感じも良いので、時々お邪魔しています。
「ドマーニ」(Domani)とはイタリア語で、「明日」と言う意味。
馴染みが無い外国語であるせいか、単純に翻訳される言葉の意味以上に、想像力を呼び覚ます何かを、感じてしまいます。
そしてふと、学生の時に英語の授業で読んだ、ジョゼフ・コンラッド(Joseph Conrad)の「トゥモロウ」(Tomorrow)と言う小説を思い出しました。
明日、明日と言いながら過去に縛られている老人と、その老人の行動に縛られている若い女性の話しです。
考えてみれば明日は、今日と違って不確かである、と言う意味で、昨日に近いのかも知れません。
そしてポーランド生まれのコンラッドにとって、英語は元々外国語であり、彼も「トゥモロウ」と言う言葉に何か、単純な意味以上のものを感じていたのではないか、などと、想像を重ねてしまうのでした。
posted by masaaki at 23:15| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

いまなぜ青山二郎なのか


いまなぜ青山二郎なのか

友人の1人に白州正子ファンがいて、別の友人に小林秀雄ファンがいる、と言う事で、白州正子の著作「いまなぜ青山二郎なのか」を読みました。
青山学院と言われた、青山二郎と文人達との付き合い、そして小林秀雄との高級漫才。
白州は敬愛する青山を、敬愛するが故に一定の距離を保ちながら、活き活きと描写しています。
自分には全く縁が無い世界だけれと、少し前の日本には、確かにこう言う場所が有ったのだな、としみじみ思いました。
そしてきっかけがきっかけだけに、青山と小林の交流が羨ましく、心に残りました。
その友情は、小林が青山から離れる形で一旦終わり、また和解を迎えるのですが、その和解が不十分だった事を残念がる部分では、それまで保たれていた距離が一気に縮まって、叙情的な調子で書かれています。
そこからはもう一つの友情、青山二郎と白州正子自身とのそれが、痛い程強く感じられました。
それは青山と小林の繋がり以上に、得難いものだったように思われます。
posted by masaaki at 12:31| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

「悪人」に出演していた満島ひかりについて

久し振りに映画館へ行って、李相日監督の「悪人」を見ました。
前に見た同監督の「フラガール」は爽やかで愛すべき映画でしたが、今回は重いけれども心に残る、全く違った形の良い作品でした。
内容は別の機会に譲るとして、予想外に感心したのは、出演者達の素晴らしい演技。
主役の妻夫木聡や深津絵里も良かったけれど、それ以上にすごいと思ったのは、満島ひかりと樹木希林でした。
特に満島は、普通の女の子だけれど少し悪い所が有り、運悪く殺されてしまう、と言う難しい役柄を見事にこなしていて、まるでそこだけがドキュメンタリーになったかのような、迫真の演技でした。
フィクションと解っていながら、本当にそう言う人が存在していたような錯覚を覚えて、怖くなった位です。
ちなみに、モントリオール世界映画祭では深津絵里だけが最優秀女優賞を受賞したそうですから、審査員は何を見ていたのだろう、などと思ってしまいますが、賞と言うものは、往々にしてそう言うものなのでしょう。
posted by masaaki at 21:19| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

デザイン言語


デザイン言語

デザイン言語、と言う本を友人から貰って読みました。
編者は奥出直人さんと後藤武さんで、慶応義塾大学で行われた講義が元になっています。
執筆者は建築家の隈研吾、塚本由晴から始まって、佐々木正人、茂木健一郎、東浩紀、港千尋まで、様々な分野で活躍する13名。
良くここまで集められたものだ、と感心させられる人選です。
本が出たのは2002年なので、もはや最前線の情報とは言えないのでしょうが、世の中の流れに疎い私には、丁度良かったようです。
ガンダムや攻殻機動隊には馴染みが有るけれど、エヴァンゲリオンについては何も解らない、と言った調子で、知っている事と知らない事の両方に出会いながら、興味深く読み進める事ができました。
頭が少し固くなっている社会人にとっては、若い学生にとってとはまた違う意味で、有意義な本だと思います。
posted by masaaki at 19:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

白川静さんの事


漢字百話

少し前に友人とEメールのやり取りをしている中で、白川静さんの話題が出たので、それをきっかけに、買って積んだままにしてあった「漢字百話」を読みました。
この本は、白川さんが成し遂げた仕事の一端を垣間見る事ができる、と言うだけでなく、いろいろなものに対する見方についても触れる事ができて、とても興味深い内容になっています。
考えてみれば、今でも白川さんの存在は、言葉や文字について多少でも意識的に向き合おうとしている多くの日本人にとって、大切な拠り所になっているのではないでしょうか。
私の場合、少し屈折した形かも知れませんが、漢字と言う、中国で生まれた文字に頼る事への劣等感、またそれによる不自由さや焦りのようなものを、相当軽くして頂いたように感じています。
有名な「字統」は、ずっと自室の手が届く所に置いてあって、頻繁に見ると言う訳ではないのですが、それが有ると言うだけで、心の支えになっています。
posted by masaaki at 22:19| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

わかたけ


わかたけ

もう1つ、徳島でのお話し。
ホテルに帰る途中でふと立ち寄った「わかたけ」と言う料理屋さんの事です。
カウンター席だけの小さくなお店に、若い板前さんと仲居さん。
お酒は飲まずに、勧められるまま数品の料理を食べましたが、どれも感心する程のおいしさでした。
途中小皿で出された醤油が気になったので、地元の物なのか聞いてみると、3種類の醤油を混ぜて、だしを加えている、との事。
本当は地元の醤油も使いたいのだけれど、そうすると師匠から受け継いだレシピが使えなくなって、初めから研究し直さなければならない、とも仰っていました。
控えめで押し付けがましい所が無く、素材の良さを引き出している味だと思って好感を持ったのですが、やはりその為には相当の努力や注意が必要なのだ、と言う事に気付きかされました。
そうなるとつい、自分の事を考えてしまって、自分は同じような姿勢で仕事に取り組んでいると言えるだろうか、また師匠から何を受け継いで、どう活かしているのだろうか、などと考える事になりました。
posted by masaaki at 23:29| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

鳴門の海


鳴門の海

先月末、書の展覧会と授賞式に参加する為に、徳島へ行って来ました。
その用事が済んだ後、徳島と言えば鳴門の渦潮、と言う単純な考えで、大鳴門橋の下に有る「渦の道」にも行きました。
そこで初めて見た鳴門の海は、期待を大きく上回る興味深さで、いくら見ても飽きると言う事がなく、しばらく眺め続ける事になりました。
渦は決まった場所に有るのではなく、あちらこちらにできてはまた消えて行き、海の様子は刻々と変化していました。
渦そのものと言うより、海が流れている、と実感される全体の様子が、おもしろかったのだと思います。
またこうしたおおらかな自然の営みは、人間が行うパフォーマンスやスポーツと違って、それを見ている人間とは関係無く現われて関係無く消えて行き、それが繰り返されているのだな、と思うと、何とも言えず穏やかで、広々とした気分になりました。
自分自身では覚えていないのですが、亡くなった母の話しでは、私は子供の頃、洗濯機の中身がぐるぐる回るのを見るのが好きで、いつも椅子に乗って眺めていたそうです。
この風景を前にして、その頃の自分に戻ったのかも知れません。
posted by masaaki at 20:49| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

concede

開催中のバンクーバーオリンピックの話題にはほとんどついて行けないのですが、カーリング女子には少し注目しています。
この競技だけは自分でもやってみたいと思いますし、テレビの実況と解説がとてもおもしろく感じられるのです。
19日の対イギリス線は、やっていた用事を中断して見てしまいました。
結末としては、終盤に日本が大量点を挙げた時点でイギリスが負けを認め、試合が終わったのですが、その事を解説者は”concede”(コンシード)と言う言葉で説明していました。
それは単なる試合放棄ではなくて、相手の技術を認め称える、と言う意味だそうです。
以前に別の試合でこうした終わり方を見た時には、ちょっと不思議に思ったのですが、今回はずっと見ていた事も有って、納得した気分になれました。
メダルの色や数に一喜一憂する気持ちとは全く別の、成熟した態度に出会えたように思ったのです。
しかし22日に行われた対スイス戦では、日本が”concede”をする完敗。
体力的にも精神的にも相当きつそうですが、残り試合もがんばって欲しいものです。
posted by masaaki at 22:27| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

有吉佐和子の良識


複合汚染

1975年に刊行された有吉佐和子さんの著作「複合汚染」。
以前から気になっていて、少し前に生協の協同購入で取り上げられたのを機会に買って読みました。
レイチェル・カーソンの「沈黙の春」などに近いのかと思って読み始めると、調子がだいぶ違っていて、市川房枝さんが選挙に立候補していた時の話しから始まります。
途中で話題は食べ物や農業に関わる内容へと進んで行くのですが、書かれている事はいちいちもっともで、共感のあまり何度も涙が出そうになりました。
もの書きのテクニックにはまってしまったと思うと少し癪ですが、自分が子供の頃に見上げた大人達には、こんな風に良識とでも言うべきものが有って、それがたとえ少数意見だったとしても胸を張って主張し、議論をする事ができたのだと、少し感傷的になってしまったのです。
時代が移り、自分が大人になった今はどうなのでしょうか。
そんな事を考えながら、奇妙な後ろめたさを感じたまま読み終えました。
posted by masaaki at 22:33| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

アンダーグラウンド


アンダーグラウンド

少し前に村上春樹さんの新作「1Q84」が出版されて話題になりましたが、その頃私が読んだのは、彼が10年以上前に書いた「アンダーグラウンド」でした。
1995年に起きた地下鉄サリン事件で被害に遭われた方々の証言を集めたものです。
周回遅れ以上と言う感じですが、1月23日に取り上げた伊東乾さんの「さよなら、サイレント・ネイビー」を読んだ時から、この本も読まなければならないと思っていたのでした。
伊東さんはその本の中で、「アンダーグラウンド」は加害者をあちら、被害者をこちら、と言うように切り分けていると批判していました。
彼がそのように書く事は間違っていないと思いますが、私はこの本を、その厚さにふさわしい重みを感じながら、自分が生きている世界の話しとして真摯に読みました。
前に大江健三郎さんが「ヒロシマ・ノート」を書かなければならなかったように、村上さんもこの本を書かなければならない、と思ったのではないでしょうか。
続編の「約束された場所で」も是非読んでみたいと思っています。
posted by masaaki at 19:46| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

スラムドッグ$ミリオネア


SLUMDOG MILLIONAIRE

去年のアカデミー賞で8部門を受賞した「スラムドッグ$ミリオネア」(SLUMDOG MILLIONAIRE)。
私としてはめずらしく封切り上映で見たのですが、冒頭からとにかくムンバイの街の様子が圧倒的で、音楽も良く、夢中で見てしまいました。
最後に登場人物が勢揃いして踊るシーンなどはなかなか良くて、映画全体を救っているように思いました。
筋書き自体は単純なので、考えさせられるような内容は乏しいですが、現代のおとぎ話しだと思えば秀逸で、チャーミングな映画だと思います。
私はインドに行った事は有りませんが、ムンバイの様子がこの映画の通りだとすれば、以前に強烈な印象を受けた上海などはずっと身近に感じられて、さらにソウル、大阪となればもっと身近に感じられると言う具合になって、世界の見え方が少し変わったような気がします。
posted by masaaki at 19:12| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

三葉寿しさんの事


三葉寿し

「三葉寿し」は川崎の宮前区に有るすし屋さんで、おいしいすしを握ってくれます。
店は小さくて古いけれど清潔にしてあって、ご主人とおかみさんの感じが良く、値段は高くない、つまり私にとっては文句無しに良いすし屋さんです。
でも残念な事にいつも繁盛していると言う訳ではなくて、ご主人の話しでは昔の方が商売としては断然良かったそうです。
それが何となく理解できてしまう事がまた悲しいのですが、味がそんなに良くなくても新しくて雰囲気が良い店がはやるのだろうなあ、などと思ってしまいます。
私自身にしても場合によってはそうした店に入ってしまう事が有りますし、またそう言う場合が案外多かったりするのです。
さらに言えば、建築の世界でも似たような状況が有るように思うのですが、その話しはつまらない愚痴になりそうなのでやめておきましょう。
posted by masaaki at 23:35| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

カンバセイション・ピース


カンバセイション・ピース

友人が推薦してくれた保坂和志さんの著作「カンバセイション・ピース」。
取り寄せるまでに時間が掛かり、読み終わるまでにはさらに時間が掛かってしまったので、その友人は忘れてしまった事でしょう。
読み始めてまず引っ掛かったのは、普段は見掛けないような長い文がしばしば出て来る事で、その内容がまた知覚とか意識の流れについて異様に細かく考察していたりして、なかなか簡単には読み進められなかったのです。
一方で樹木の事などは、庭に有る名前が解らない木、などと適当に済ませていて、また一方で猫の振る舞いや横浜ベイスターズのチーム事情(私も一応横浜ファンなのですが知らない事ばかり)については、しつこい位に詳しく書いていたりして、結局全体としては妙にバランスが取れていると言う感じになっています。
何か新しい小説と言うより、新しい日本語に出会ったようでした。
posted by masaaki at 00:20| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

おくりびと


おくりびと

時期を失しているとは思いつつ、映画「おくりびと」を見て来ました。
大学の同級生W君が関わったと聞いていたので、気になっていたのです。
納棺と言う題材は少し変わっていますが、物語としては素直で、良い映画だと思いました。
見終わった後の爽やかさは李相日監督の「フラガール」にどこか似ています。
パンフレットを読んで良いなと思ったのは、出演した俳優やスタッフの考えが映画の内容にいろいろと反映されていると言う事です。
主演の本木雅弘が以前から納棺に興味を持っていた事は聞いていたのですが、それ以外にも例えば、社長室が異常な程植物で満たされていたのは、社長を演じた山崎努の発案なのだそうです。
映画の世界でそうした事が珍しいのかどうかは解りませんが、巨匠が完璧な仕事をして賞を取ると言うステレオタイプのイメージとは違っていて、嬉しくなりました。
posted by masaaki at 20:13| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

小林秀雄ファン


モーツァルト・無常という事

友人に小林秀雄のファンがいて、著作を揃えるだけでなく講演会の録音を繰り返し聴いていて、彼はこんな事を言っている、などと時々私に言ったりします。
高校の教科書に載っていた人と言う位の印象で馴染みが薄かったのですが、文庫本を1冊買って改めて読んでみました。
その中では、評判を聞いていた名高い絵を鑑賞する機会が有ったが見てがっかりした、つまらぬ絵である、と言うような理屈抜きの断定がしばしば出て来て、普段読んだり書いたりする文章とはかけ離れているのですが、とにかく歯切れが良い事には感心しました。
職業として書いている以上そこに相当の覚悟が有った事は間違いなく、その姿勢や態度が人々を惹き付けると言う事も有っただろうと思います。
巻末の解説は江藤淳が書いているのですが、学生の時に彼の授業を聴いて似たような魅力を感じた事を思い出しました。
そんな事から、戦後教育で失われた父の威厳への憧れか、などと余計な想像が広がりました。
posted by masaaki at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

チェ28歳の革命、39歳別れの手紙


チェ28歳の革命

友人から良かったと教えてもらった映画、「チェ28歳の革命(Che Part One)」と「チェ39歳別れの手紙(Che Part Two)」。
キューバ革命の英雄チェ・ゲバラ(Che Guevara)を扱ったもので、公開前からこれは見なければならないと思っていました。
監督のスティーヴン・ソダーバーグはもともと一続きの作品として考えていたようですが、革命の成功までを扱った1作目の華々しさと、ボリビアでの挫折と彼の死までを扱った2作目の重苦しさは対照的で、後者は見ていて相当につらい思いをしました。
しかし彼が成功だけで立ち止まらなかったと言う事が多くの人の心を掴んだのでしょうから、やはりこの2作は両方とも必要だったのでしょう。
パンフレットを読むと、監督も主演兼プロデューサーのベニチオ・デル・トロも、作りたいと言うよりは作らなければならないと言う気持ちで製作にあたっていたようです。
posted by masaaki at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

さよなら、サイレント・ネイビー


さよなら、サイレント・ネイビー

少し前に読んだ「さよなら、サイレント・ネイビー」と言う伊東乾(いとうけん)さんの著作について。
去年の6月21日に書いた、映画「あさま山荘への道程」についての文章を読んだ友人が、この本を教えてくれました。
その友人にとってあさま山荘事件を起こした人達は同世代であり、私にとってオウム真理教の一連の事件を起こした人達は同世代になるのです。
著者の伊東さんも私とほぼ同年齢で、この本では、彼の同級生が地下鉄サリン事件の実行犯になってしまった事から、多くの加害者は同時に被害者でもあったと言う視点で、事件とその背景について考えています。
どうしてこのような事件が起こってしまったのか、またどうすれば同じような事件を繰り返さずに済むのか、と言う問題を丁寧に、しかも重い調子になり過ぎないように書いていて、私からもお勧めしたい本です。
たとえ自分自身でなくとも、友人や家族がオウム真理教のような教団に関わってしまったら、と考える事は、今でも無駄では無いでしょう。

続きを読む
posted by masaaki at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

家から生まれた17の話


家から生まれた17の話

昨日書いたIさんのご自宅へ伺った際、形はシンプルだけど座り心地がなかなか良い椅子が有って、どこで手に入れられたのか尋ねてみると、家具職人の方に注文して作られたとの事でした。
この本に載っていますよ、と教えて頂いたのが「家から生まれた17の話」と言う荻原百合さんの著作。
実は3年前にIさんから頂いていたものでしたが、申し訳無い事にまだ読んでいなかったので、この機会に改めて読んでみました。
ここには、著者の萩原さんがスミレアオイハウスと言うご自宅をきっかけに知り合われた、デザイナーや職人の方々のお話しが載っています。
それぞれの方が個性的で興味深い仕事をされていて、それがみな萩原さん一家の生活に繋がっているのですから、羨ましくなるような世界です。
でもあまのじゃくな私からすると、少しご遠慮したくなるような世界である事もまた事実。
うまくは言えないのですが、もう少し物そのものやそれを作る人の生々しさから離れていたい、と言う事なのだと思います。
posted by masaaki at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

テレビで語る吉本隆明(改稿)

あけましておめでとうございます。
仕事始めではありますが、今年初めの話題は、昨日1月4日にNHK教育テレビで放映された「吉本隆明語る」と言う番組についてです。
私達の世代にとって彼は、初めから偉人としてその名前を知ると言うような存在でした。
その彼がテレビで語ると言うので、相当に身構えてノートなど取りながら見る事にしたのですが、語り始めた彼は子供のように目を輝かし、誰にでも親しみ易く感じられるような言葉で語っていました。
番組の解説によれば、彼は学生運動が盛んだった頃にはたくさんの集会に出掛けて積極的に語るようにしていたそうですから、その時学生だった人達にはもっと身近な存在だったのだと思います。
それにしても、たとえテレビを通してであっても語ると言う事には大きな力が有るもので、私が昨日のたった1時間半の番組から受け取ったものは、以前に苦労して読んだ彼の著作から受け取ったものよりも強い何かが有るようにさえ感じられました。(2009/01/06改稿)
posted by masaaki at 21:19| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

加藤周一1968年を語る

テレビはあまり見ないようにしようと思いつつ、結構見てしまいます。
12月14日にNHK教育テレビで放送された「加藤周一1968年を語る」と言う番組も、気になったものの一つでした。
1968年と言うと、世界中でいろいろな政治的事件が有り、日本では学生運動が盛んだった頃。
番組を見ていてまず意外に感じたのは、彼がこの年チェコスロヴァキアで起きた「プラハの春」と言う事件を、自分自身の問題として捉え、考えていると言う事でした。
今まで私にとってこの事件は、生まれた頃に遠い国で起こった、教科書の中の出来事でしかなく、日本にこうした受け止め方をした人がいるとは思ってもみませんでした。
でも私のように考えていたのでは、この年にパリで起こっていた事もベトナムで起こっていた事も、同じように他人事になってしまう訳です。
見終わった後には様々な言葉や映像が頭の中に残ったままになりましたが、無駄ではない何かを受け取ったように感じています。
謹んで加藤周一さんのご冥福をお祈りします。
posted by masaaki at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする