2012年02月03日

横濱2012年新春号「横浜の鉄道」

横濱2012年新春号

季刊「横濱」(神奈川新聞社発行)2012年新春号の特集は「横浜の鉄道」で、幾つも興味深い記事が載っています。
中でも出色だと思ったのが岡田直さん(横浜都市発展記念館調査研究員)が書かれた「もしもあのとき……」と言うもの。
横浜駅が開業時の場所から2度移転して現在の場所に落ち着いた事は良く知られていますが、この記事ではその経緯を周囲の事情まで含めて検証し、同駅に鉄道の路線が集中する今の状況は必ずしも必然的なものではなく、別の形となる可能性も十分有った事を示しています。
鉄道の路線は実現するまでには様々な要因に左右される事、逆に一旦実現すると都市の構造や性格をかなりの程度決めてしまう事などを改めて考えさせられました。
もう1つ、蜂谷あす美さん(慶応義塾大学鉄道研究会)が書かれた「鶴見線散歩」と言う記事も楽しく読めました。
こちらは前記のものとは全く違い、鶴見線沿線を歩いた私的な体験記となっています。
くだけてはいるけれども不真面目ではない文体が絶妙で、内容以上に感心させられました。
posted by masaaki at 12:11| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

2012公共交通フォーラム

0266_2012koutsuchirashi.jpg

来週末の1月29日(日)、横浜で「2012公共交通フォーラム」と言う催しが開かれます。
私が関わっている「横浜にLRTを走らせる会」では以前から年に2回、幅広く市民の皆さんに参加して頂けるLRTフォーラムと言う催しを開催していましたが、去年からその内1回を「横浜の公共交通活性化をめざす会」との共催による交通フォーラムと言う形とし、より多くの皆さんに来て頂けるよう努めています。
今回は、昨年3月11日に起きた東日本大震災で公共交通機関が動かなくなり、多くの帰宅困難者が出た問題を取り上げて、報告や議論を行う予定です。
概要は以下の通りですが、詳しくは画像として載せたちらしまたは「横浜にLRTを走らせる会」のサイトをご参照下さい。
皆さんのご参加をお待ちしています。
2012公共交通フォーラム
災害と交通“帰宅困難者問題を考える”
日時:1月29日(日)午後1:30〜4:40(1:00開場)
会場:横浜情報文化センター6階、情文ホール
参加費:1000円(資料代)
横浜にLRTを走らせる会ウェブサイト:http://lrt.cocolog-nifty.com/yokohama/
posted by masaaki at 18:57| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

2011夏LRTフォーラム

2011夏LRTフォーラムちらし

今週末の7月2日(土)午後1時半から、横浜みなと博物館訓練センターにて、横浜にLRTを走らせる会と横浜の公共交通活性化をめざす会の主催により「2011夏LRTフォーラム」を開催します。
テーマは「都市・横浜の魅力づくりとLRT」で、基調講演として計量計画研究所の竹内佑一氏から「まちづくりとLRT」、横浜市都市発展記念館の岡田直氏から「市民に愛された市電」と題したお話しをして頂き、その後に会場の皆さんを含めて質疑応答と討論の機会を設けます。
このウェブログでは2年前に「2009夏LRTフォーラム」のお知らせをしましたが、上記2つの会はその後も継続して1年に2回、夏と冬にこうしたフォーラムを開催しています。
当日は私も会場に居る予定ですので、ご興味をお持ちの方はいらして下さい。
詳細は会のウェブログ”http://lrt.cocolog-nifty.com/yokohama/”に掲載しています。
posted by masaaki at 23:07| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

横浜カーフリーデー2010


横浜カーフリーデー2010リーフレット

今年もカーフリーデーの季節になりました。
ご存知の方も多いと思いますが、カーフリーデーとは、街の中心部でマイカーを使わない暮らしを体験し、クルマ優先社会を再考するきっかけにする、と言う社会実験です。
世界的には9月22日に行われる事が一般的ですが、今年の横浜では休日と言う事も有り、明後日23日に開かれる事になりました。
会場は日本大通り周辺で、テーマは「バス再発見」。
マイカーを使わない事は、徒歩や自転車に頼るだけでなく、公共交通を充実させる考え方に繋がり、今回は特にバスに注目しているのです。
当日は天気が少し心配ですが、私も午後から横浜にLRTを走らせる会の一員として参加する予定ですので、もし見掛ける事が有れば、声を掛けてみて下さい。
横浜カーフリーデーのサイトは、以下です。
http://ycfd.org/
posted by masaaki at 19:41| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

テルミニ駅


テルミニ駅

日本へ戻る前の2日間は、ローマで過ごしました。
表玄関テルミニ駅(Stazione Termini)の正面部分は、1947年に設計競技が行われてモントゥオーリ(E.Montuori)等が選ばれ、1950年に完成したそうです。
前回書いたミラノ中央駅とは全く違って、豪華ではありませんが、ダイナミックな造形と空間は全く古さを感じさせず、10年前にできたとしてもおかしくない、と思いました。
ただ私にとって建物よりも印象的だったのは、そこに集まる大勢の人達の様子でした。
どこの国のどんな人なのか、ちょっと解らないような種々雑多な人達が次々と現われては消えて行って、何とも言えない熱気と活気、そして幾らかの怖さを感じました。
私が今までに訪れた街の中では、ニューヨークのダウンタウンに近い雰囲気です。
それは後で訪れたバチカンにも通じるもので、やはりローマはニューヨークと同じように世界に開かれた街、世界都市なのだ、と言う事を実感させるものでした。
それと同じ事が、東京ではぼんやりと幻のように感じられ、ソウルではほとんど感じられず、北京では重苦しいものとして感じられるように思います。
posted by masaaki at 23:01| Comment(3) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

市電保存館にて


市電保存館での塗り絵展示

横浜にLRTを走らせる会では、9月22日の横浜カーフリーデーの時に、子供達にLRTの塗り絵に取り組んで貰う催しを行いました。
その中の優れた作品は表彰し、展示もしようと言う事になって、先日12月23日に磯子区の横浜市電保存館の一角をお借りして、表彰式を行いました。
全部で100名強の方にご連絡をしたのですが、当日は入選者12人の内11人、他の応募者やご家族を含めると50名位の方が来て下さったようです。
5月29日に書いた絵本についても言える事ですが、自分達の考えをたくさんの人達に解って貰う為には、このように、専門的な内容だけでなくイメージを伝える機会を持つ事も大切だと思います。
なお入選作品12点は、来年1月6日まで同館に展示されています。
以下の横浜にLRTを走らせる会ウェブログも合わせてご覧下さい。
http://lrt.cocolog-nifty.com/yokohama/
こちらのウェブログでは、今回が今年最後の記事になります。
来年も宜しくお願い致します。
posted by masaaki at 00:59| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

横浜カーフリーデー2009


横浜カーフリーデー2009リーフレット

今年もカーフリーデーの季節になりました。
市街地でクルマを使わない日を設けて、交通問題や環境問題を考え直すきっかけにしようと言うものです。
今回日本では9月22日に行われ、昨年の横浜、松本、名古屋、福井、那覇、さいたま、高松に加えて逗子、春日部が加わり、9都市が参加する事になっています
この中で横浜だけは、行政ではなく市民が活動の中心になって開催されます。
先日辞任した中田宏前市長の時代は、カーフリーデーにしてもLRTにしても、気持ちは賛成だけれどもお金や人は出せない、と言う感じでなかなか協力が得られなかったと言うのが実情でした。
林文子新市長は、自動車業界出身の方とは言え、選挙前に横浜カーフリーデー実行委員会や横浜にLRTを走らせる会が行ったアンケートにはかなり前向きな回答をされていましたので、今度の市長交代が良い方向に向かうきっかけになればと思っています。
当日は、私も横浜にLRTを走らせる会の一員として参加させて頂く予定です。
横浜カーフリーデーのサイトは以下です。
http://ycfd.org/
posted by masaaki at 00:10| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

2009夏LRTフォーラム


2009夏LRTフォーラムちらし

今週末の6月20日(土)午後1時から、横浜の関東学院大学関内メディアセンターで「2009夏LRTフォーラム」が開かれます。
「横浜にLRTを走らせる会」と「横浜の公共交通活性化をめざす会」による主催で、テーマは「横浜にはLRTがよく似合う」と言うもの。
基調講演に前富山市副市長の笠原勤さんをお迎えして、既にLRTを導入した富山での経験と横浜での展望をお話し頂き、横浜にLRTを走らせる会からは路線案を含む具体的な提案を発表させて頂く予定です。
最近は他のいろいろな街づくりの集まりやシンポジウムでも取り上げられたりして、LRTの知名度もかなり上がってきたようですので、私達も一層活動に励みたいと思っています。
当日は私も会場にいる予定ですので、ご興味をお持ちの方は是非いらして下さい。
詳細は会のウェブログ”http://lrt.cocolog-nifty.com/yokohama/”に掲載しています。
posted by masaaki at 10:30| Comment(4) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

子ねことふしぎな電車


子ねことふしぎな電車

去年、横浜にLRTを走らせる会で「子ねことふしぎな電車」と言う絵本を作りました。
子猫が冒険をする中でLRTに出会うと言う筋書きで、文章は会員の石上惠子さん、絵は田倉恵理子さんが担当してくれました。
私自身は直接関わっていないのですが、お二人の他にも大勢の方々の協力を得て、難産の末に完成したものです。
横浜にLRTを走らせる会では、路線案や法規などの専門的な検討を行うだけでなく、こうした広報活動にも力を入れています。
現在、有隣堂伊勢佐木町本店の鉄道書籍コーナー、同横浜駅西口ザ・ダイヤモンド店の横浜開港150周年コーナー、神田神保町書泉グランデにて販売されています。
また私の手元にも見本が有りますので、ご興味をお持ちの方には一度手に取ってご覧頂ければと思います。
posted by masaaki at 11:18| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

いすみ鉄道に乗って


いすみ鉄道

話しが前後しますが、先週末には用事が有って「いすみ鉄道」に乗りました。
かつてのJR木原線で、現在は第三セクターの株式会社が運営しています。
去年の12月10日に書いた鶴見線は「大都会の」ローカル線でしたが、こちらは正真正銘のローカル線。
ディーゼルの車両はバスのように小振りで、沿線は鉄道模型のジオラマのようにのどかな風景が続いていました。
一旅行者にとってはなかなか楽しい経験でしたが、経営状況は厳しく、今年度の成績によっては廃止と判断される可能性も有るそうです。
さらには前社長が千葉県知事選に出馬してしまい、現在は社長募集中とか。
ひょっとしたらあれが最初で最後の乗車になってしまうのかも知れません。
道路は税金を投入して作るのに、鉄道は採算が取れなければ廃止、と言うのはおかしいと、多くの人が考えているはずなのですが。
いすみ鉄道のサイトは以下です。
http://www.isumirail.co.jp/
posted by masaaki at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

カレーランチミーティング

一昨日4月21日はカレーランチミーティングと言う事で、横浜にLRTを走らせる会の仲間と一緒に中田宏横浜市長に会いました。
市長はLRTに対しては予想外に好意的で、富山の事例なども良くご存知のようでした。
何でも今年発表される公的な文書にはLRTと言う文字が入るようです。
ミーティングの位置付けを考えれば、そうした事が解っただけでも上出来だったと言えるでしょう。
しかし何かがすぐに始まると言う訳に行かない事は予想通りで、今年は開港150周年と言う事もあり、50年先の話しなどをされてしまいました。
人口360万人の横浜市ともなれば、何をするにも動きが鈍くなるのも無理は有りません。
富山市に住んでいた2年余りの事を思い出すと、仕事の違いを差し引いたとしても、自分と街との距離は今よりずっと近くて、市長や県知事ももっと身近な存在だったように思います。
posted by masaaki at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

ヨコハマカーフリーデー2008


ヨコハマカーフリーデー2008ちらし

明日9月23日は彼岸の中日ですが、横浜ではカーフリーデーの日でもあります。
簡単に説明しますと、カーフリーデーとは、環境問題、交通問題等の改善のきっかけをつくるために、市街地にクルマの休日を設けようと言う催しです。
世界的には今日9月22日に行われる事が一般的ですが、今年の横浜では休日と言う事もあり23日に開かれる事になりました。
会場は横浜公園や日本大通り、伊勢佐木町6丁目などの横浜中心部で、日本大通りは自家用車が入らずにバスは通ると言うトランジットモールになります。
私も午後の短い時間ですが横浜にLRTを走らせる会の一員として参加する予定ですので、見かけたらお声をかけてみて下さい。
以下のサイトに情報が有ります。
http://ycfd.org/

続きを読む
posted by masaaki at 12:06| Comment(4) | TrackBack(1) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

相鉄写真展


相鉄写真展ちらし相模鉄道、略して相鉄と言えば、神奈川県の方にはお馴染みの私鉄電車。
その相鉄の昭和30年代を記録した写真を集めた展覧会が、伊勢佐木町の有隣堂ギャラリーで開催されています。
撮影者は故人の天野洋一さん、主催は武相高校鉄道研究同好会です。
天野さんが撮影された貴重な写真のそばには、同じ場所の現在の様子を写した写真が並べて展示されているので、古い時代を知らない人にも沿線の街の移り変わりが実感できるようになっています。
同鉄道研究同好会はこれまでも顧問の山田京一先生を中心に多くの書籍の出版を行っていて、今回も記念の写真集を始めとする書籍が発売されています。
会場には横浜にLRTを走らせる会のパンフレットとニュースを置かせて頂きましたので、行かれた方はそちらも手に取ってご覧下さい。
会期は7月21日まで、武相高校鉄道研究同好会のサイトは以下です。
http://home.k02.itscom.net/brc/
posted by masaaki at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

2008夏LRTフォーラム


2008夏LRTフォーラムちらし今日6月10日は、路面電車の日と言う事になっています。
今週末の6月14日(土)には、1月26日の「2008新春LRTフォーラム」に続き、横浜で「2008夏LRTフォーラム」が開かれます。
テーマは「LRTを中心とした横浜のまちづくり」。
主催は「横浜にLRTを走らせる会」と「横浜の公共交通活性化をめざす会」の共催です。
後者は去年施行された「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」に対応する形で、今年1月に設立されました。
今回のフォーラムでは、アメリカの事例に詳しい古池弘隆さん他をお迎えして、街づくりを中心に議論する事にしています。
今までもヨーロッパにおけるLRTの成功例は比較的多く紹介されていますが、日本のまちづくりにはアメリカの例の方が参考になると言う意見も有ります。
いずれにしろ、LRTを単なる交通手段としてではなく、街づくりや交通権問題、環境問題などと関連させて考えると言う姿勢は、今後とも重要だと思います。
当日は私も会場にいる予定ですので、ご興味が有る方は是非ご参加下さい。
情報は会のウェブログ”http://lrt.cocolog-nifty.com/yokohama/”に掲載しています。
posted by masaaki at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

グリーンライン開業その後


グリーンライン中山駅看板3月30日の横浜市営地下鉄グリーンライン開業から1箇月と少し経ちました。
5月10日付けの神奈川新聞には「乗車人数は目標の半分」と題した記事が出ています。
この記事には少し乱暴な所が有って、特別乗車証(敬老パスの事と思われます)を含む一日当たりの利用目標104000人に対し、同証を含まない開業後31日間の平均53129人がその約51%なのであって、本文を見ると同証の利用者約4500人を加えれば約55%となる事が解るのですが、いずれにしろ低い数字です。
利用者はこれから増えるでしょうし、問題を過大視する必要は無いかもしれませんが、市営交通や市内の公共交通全般への評価に悪い影響が無いか、少し心配です。
また同じ日に開業した都営の日暮里舎人ライナーが検討の末に地下鉄をやめて新交通システムとした事を考えると、グリーンラインも本当に地下鉄が良かったのか、今後延伸するとしたらどうするのか、と言う事などは問題とする必要が有るでしょう。
神奈川新聞記事の概要は以下で見る事ができます。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiimay0805162/

続きを読む
posted by masaaki at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

グリーンライン開業


グリーンライン10000系電車昨日3月30日、横浜市営地下鉄グリーンラインが開業しました。
横浜市北部の港北ニュータウンを貫通する形で、JR横浜線中山駅と東急東横線日吉駅の間13.1kmを結びます。
私は1日前の29日、試乗会に行って来ました。
まず車両については、リニアモーターの使用が特徴との事でしたが、加速は良いと感じられるものの、振動や音はそれなりに有ると感じました。
路線については、さまざまな捉え方ができそうです。
当日は北部の北山田駅周辺を歩いてみたのですが、既に相当開発が進んでいて、鉄道が有ってしかるべき状況だと言う事を実感しました。
また南部の川和町駅周辺は、鉄道が無かった為に衰退したとされている地域なので、地元の方にとっては待望の路線、待望の駅と言えるでしょう。
私の仕事場に近い中山駅周辺では、賛否両論が有り様子見が大勢、と言ったところのようです。
便利になると素直に喜ぶ声が有る一方で、買い物客などは流出するだろうとも言われています。
さらに横浜市全体の視点で考えると、この線は北では日吉から鶴見まで伸び、南では中山から根岸へ至ってみなとみらい線に繋がると言う環状鉄道の一部のはずなのですが、公式にも非公式にも、当面の延伸は無いと言う事が市民の共通認識、と言う状況です。
しかし環状鉄道は白紙、と言う事も簡単には言えません。
採算面で有利な部分は作りましたが、他の部分は止めました、となってしまうと、市営の公共交通がそれで良いのか、と言う事になるでしょう。
開業後も考える事はたくさん有りそうです。
関連する情報は以下の横浜市交通局ウェブサイトでご覧頂けます。
http://www.city.yokohama.jp/me/koutuu/
posted by masaaki at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

2008新春LRTフォーラム


ポートラム私は本業の建築設計の他に、「横浜にLRTを走らせる会」と言うNPO法人に所属して、細々とですがLRT実現の為に活動をしています。
LRTとはLight Rail Transitの略で、簡単に言うと新型の路面電車の事です。
横浜にはかってたくさんの路面電車が走っていましたが、1972年までに全て廃止されてしまいました。
ところが世界では近年、低公害で環境に優しく、バリアフリーで人に優しい、と言う事で、ヨーロッパやアメリカの都市を中心に、LRTが数多く導入されています。
それらの都市では、単に交通が便利になったと言うだけではなく、車に占領されていた街が、再び人が安心して歩ける場所となり、賑わいが戻って来たと言う点でLRTが評価されています。
日本でも2006年4月に富山市で初めて本格的なLRTである「ポートラム」が実現し、2007年10月には国レベルでLRTなどの公共交通を支援する「地域交通の活性化及び再生に関する法律」が施行されるなど、追い風が吹いています。
近い将来に是非、横浜でもLRTが実現できたら良いと思います。
その「横浜にLRTを走らせる会」では、1月26日(土)に「2008新春LRTフォーラム」を開催します。
私自身は残念ながら出席できないのですが、ご興味の有る方は是非ご参加下さい。
情報は会のウェブログ”http://lrt.cocolog-nifty.com/yokohama/”に掲載しています。
写真は富山のポートラムです。

posted by masaaki at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする