2018年01月26日

2018年の試筆 : The trial drawing at the biginning of 2018

春雪満空来触所似花開 不知園裡樹若箇是真梅

春雪満空来触所似花開、不知園裡樹若箇是真梅。
今年正月の試筆として書いた20字。
毎月取っている会誌から語句を選び、字を調べて草稿を作り、墨を磨って紙に書く。
何枚か書いたうち、画像に載せたものが一番良く書けたと思う。
所々はおかしいけれど、全体の流れが自然で、それなりに自分らしい書になっている。
ただし構成は概ね会誌の参考に従っているので、創作と言えるものではない。
一方で前々回に載せた水随方円器と書いた書は、ずっと拙いけれど、一応創作と言えるものだ。
今の自分の力では、今回のように創作でないものを書いている方が楽で、楽しい。
しかし少しづつでも挑戦をして、創作と言えるものを楽しく書けるようになりたい。
posted by masaaki at 18:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。