2016年07月28日

梅雨時に咲く無窮花 Rose of Sharon flowers in the rainy season

自宅入口近くに咲く無窮花

一昨日、相模原市で多くの人が殺傷される事件が起こった。
どう考えたら良いのか、まだ自分で整理が付いていない。

自宅の入口近くにムクゲの花が咲いている。
植えた覚えは無いから、庭に有る別の木から種が飛んで来たのだろう。
こうした赤紫色の花は少し珍しい。
辞書で見ると漢字では木槿となっているけれど、無窮花の方がぴったり来る。
朝鮮語の무궁화(ムグンファ)に当たるから。
花が次々と咲く様子が子孫繁栄を意味し、韓国の国花になっていると聞いた。
梅雨の季節は案外多くの花が咲いて、始めの頃に夏椿、盛りに紫陽花や美容柳、終わりの頃に無窮花や夾竹桃、百日紅の花を見る事が出来る。
今日、その梅雨が明けたらしい。
posted by masaaki at 18:29| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。