2015年12月09日

日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか Why Japan can't stop the base and the nuclear power plant

日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

今年、安全保障関連法案を巡る騒ぎの中で読んだ矢部宏治氏の著作「日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか」は、一方で目を開かせてくれるように興味深く、また一方で苦々しいものだった。
大きな問題になっている米軍基地と原発が有り続ける理由を、第二次大戦後の占領時から続くアメリカの政策とそれに応える日本の体制から説明していて、とても説得力が有る。
今までの自分を振り返えると、アメリカは終戦を境に敵から占領者、そして教師、支援者に変わり、日本はそれに従う事で国際社会に復帰し、繁栄を手にしたと言う「常識」を鵜呑みにして、考える事をやめ、目をつぶって来たのかも知れないと思う。
そしてその状態は、自分の事だけを考えれば、居心地が悪くないものだった。
しかし沖縄や福島の多くの人達にとっては全くそうではなく、これからの自分にとってもそうであり続ける保証は無いだろう。
posted by masaaki at 17:13| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。