2014年11月03日

軽井沢の2つの建物 The two buildings in Karuizawa

旧飯箸邸

先月のある日、友人達と軽井沢へ行った。
目当ては坂倉準三さんが設計した旧飯箸邸で、1941年に東京で建てられ、今は移築されてレストランになっている。
外形は切妻屋根で一見和風住宅のようだけれど、整った立面や立体的な内部空間には良質なモダニズムの美学が感じられる。
1942年に建てられた前川國男さんの自邸程有名ではないけれど、学ぶべき魅力が多く有ると思った。
またそれに先立って、西沢立衛さんが設計した軽井沢千住博美術館も訪れた。
こちらは2011年に出来た建物で、傾斜した床と婉曲した屋根を持ち、自然光で作品を見ると言う斬新な美術館だ。
続けて見たのでどうしても比較をしてしまうのだけれど、全体的な建物の質、居心地共に旧飯箸邸の方が良かった、と言うのが僕と友人達の一致した意見だった。
だからと言って、僕自身がこれから旧飯箸邸のような建物を設計したい、とは単純に思えない。
こうした迷いは、今多くの建築家が感じている事ではないかと思う。
posted by masaaki at 17:56| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。