2014年05月12日

ミトン mitten

ミトンポストカード

連休中に見たもう一つの映画「ミトン」。
1967年にソ連で作られた人形アニメーションで、少女アーニャが子犬のミトンに出会う、小さな物語。
台詞や字幕は一切無く、静かでチャーミングな音楽だけが流れる。
人形のどれもが実に良く出来ていて、穏やかな表情はほとんど変わらないのだけれど、繊細な心の動きがはっきりと伝わる。
子供でも大人でも、またどこの国の人でも、素直にその世界に入って行って、それぞれの気持ちで受け止める事が出来ると思う。
チャップリンの短編映画のように、何度でも見たくなる傑作だ。

追記:《『ミトン』+『こねこのミーシャ』》|予告編・動画@ぴあ映画生活http://cinema.pia.co.jp/trailer/163603/
posted by masaaki at 20:27| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。