2014年05月05日

そこのみにて光輝く It shines only there

そこのみにて光輝く

連休中に見た映画「そこのみにて光輝く」。
舞台は夏の函館。
主人公の達夫(綾野剛)はパチンコ屋で託児(菅田将睴)と知り合い、訪ねた海辺のバラックでその姉、千夏(池脇千鶴)と出会う。
僕にとっては、季節と街の組み合わせからして実感に乏しく、話しの展開も遠い異国の物語のようなのだけれど、3人の演技が素晴らしく、段々とその世界に引き込まれた。
そして見終わった時には、まさに夏の函館でしか有り得なかった出来事のように記憶に刻まれる事になった。
呉美保監督は1977年生まれで、「ゆれる」の西川美和監督と同世代。
これからの作品にも期待したい。
posted by masaaki at 15:44| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。