2013年11月20日

鉄骨建方、鶴見にて The assembly of steel frame at Tsurumi

水道局鶴見鉄骨建方

9月14日に書いた鶴見の建物は、鉄骨造2階建てだ。
鉄骨造になっている理由は耐久性が高くて、工期が短いから。
鉄筋コンクリート造であれば、1階床のコンクリートを打設した後、固まって強度が出てから2階床まで、その後屋根まで、と言う順番になるけれど、鉄骨造であれば、工場で鉄の部材を全て作っておいて、現場で一度に組み立てる事が出来る。
その作業を「建方」(たてかた)と言う。
民間の建物ならそれが終わって上棟式、と言う事になるのだけれど、今回は公共の事務所なので、そう言う催しは一切無い。
関係する人達は皆忙しく、次の工程に向けて仕事を進めている。

posted by masaaki at 20:26| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。