2013年05月02日

手に取る絵、藤江民さんの仕事 The art in hand, Works by Fujie Tami

藤江民作絵皿

先週末、神保町の画廊へ行って藤江民さんの「絵皿と版画」展を見て来た。
民さんはカンバスに納まらない大きな絵をたくさん描いて来た人だけれど、今回は机の上の絵皿と壁に掛かった版画の展示。
その日は運良くご本人が居て、コンクリートのかけらにくっ付いたタイルが好きだとか、絵皿に使う釉薬は焼く前と後で色が全く違うとか、色々なお話しを聞く事ができて楽しかった。
美術館で話題の展覧会を見るのも良いけれど、画廊でこうした時間を過ごすのも良いものだ。
画像として載せたのは、衝動買いをしてしまった1枚の絵皿。
並べてあった中では目立たない方の物で、ひょっとしたら民さんのお気に入りではなかったかも知れない。
posted by masaaki at 22:44| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。