2013年04月19日

八代亜紀が歌うジャズ The Jazz sung by Yashiro Aki

夜のアルバム
八代亜紀が好きでジャズが好きだからと言って、八代亜紀が歌うジャズを好きになるとは限らない。
だからこのCDを買うかどうか迷ったのだけれど、最近はキースジャレットやパットメセニーより良く聴いている。
子供の頃を思い出すと、家にはステレオもラジカセもウォークマンも無く、音楽と言えばテレビから流れて来る歌謡曲位しか無かった。
その中で彼女は随分と輝いていたように思う。
レコードデビューをする前は、ジャズやポップスを好んで歌っていたらしいけれど、ずっとジャズばかり歌うよりも良い結果を生んだような気がする。

posted by masaaki at 17:36| Comment(3) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
20代のころ八代亜紀の関係者と知り合って、彼女がポップスを歌っているテープを聴かせてもらったことがあります。その頃人気だったポップス歌手よりよっぽど聴き応えがありましたね。「永く歌いたい」が彼女の希望だったらしく、それで演歌だったようですよ。
Posted by doka at 2013年04月21日 21:38
20代のころに彼女の関係者と知り合って、ポップスを歌っているテープを聴かせてもらったことがあります。当時の人気ポップス歌手よりよっぽど聴き応えがありましたね。
「息の長い歌手生活を送りたい」が彼女の望んだ事だったらしいですよ。だから演歌らしいのです。今だったらそんなことを言う人はいないでしょうね。時代を感じます。
Posted by doka at 2013年04月21日 21:51
コメント有り難うございます。そうですか。だとしたら彼女の希望通りになったのでしょうか。聴く方としては、不思議な巡り会わせのように感じます。
Posted by masaaki at 2013年04月22日 11:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。