2012年08月23日

建築技術2012年9月号コラム

建築技術2012年9月号

6月20日にここで書いたように、同月28日の夜、横浜市開港記念会館でarea045(エリアゼロヨンゴ)の催しとして、「横浜の建築家が見た東日本大震災の被災地」と題したシンポジュウムが開催されました。
その様子を今月発売された雑誌、建築技術2012年9月号のコラムで紹介しています。
シンポジュウムの内容がとても充実していたにもかかわらず、参加者があまり多くなかった事が残念だったので、こうした機会を得られて良かったと思います。
限られた紙面で、十分な内容になってはいないかも知れませんが、ご興味をお持ちの方はご一読下さい。
posted by masaaki at 19:27| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。今年はこちらも残暑がきついです。また日本に行ったとき、お会いできれば。
Posted by kimiyasu k at 2012年08月24日 17:44
コモは涼しいのかと思いましたが、そうでもないのですね。今後とも宜しくお願いします。
Posted by masaaki at 2012年08月24日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。