2012年07月13日

FRPスクリーン6年後の調整

コトハウスFRPスクリーンの調整

私の事務所で以前に設計をしたコトハウスと言う集合住宅には、バルコニーの外側にFRP(繊維強化プラスティック)製のスクリーンが設けられています。
薄い半透明の板をルーバー状に並べて、光や風を取り入れつつ、視線を緩やかに遮るようにしたのです。
竣工から6年が経ち、また去年の震災の影響も有ったのか、緩みや撓みが見られるようになっていたので、6月にそれ等を改善する工事を行いました。
スクリーンを支える垂木(たるき)は木でできているので、これからも時間による変化は避けられないでしょうが、木であれば調整を行い易いと言う事もまた言えるのです。
posted by masaaki at 18:54| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。