2012年07月10日

30数年振りの猫

我輩は猫である

自宅の書棚で埃を被っていた、「我輩は猫である」の上下巻。
小学生の時に読み掛けたまま放っておいたのを、最近になって読み返しました。
やはり普通の子供が面白がるような話しではなく、主人の苦沙弥(くしゃみ)先生位の年齢になってから読むのが良いようで、楽しい読書体験になりました。
しかし、我輩である猫が主人の死を語り、自覚をしながら死んで行くと言う結末は、予想外のものでした。
その少し前に「のんきとみえるひとびとも、心のそこをたたいてみると、どこか悲しい音がする」と書かれているのは、漱石の本音がつい現われてしまったのかな、などと想像してしまいます。
posted by masaaki at 20:14| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。