2012年05月30日

鎌倉の2つの建物

神奈川県立近代美術館鎌倉館

先週末は鎌倉へ行きました。
1つの目的は、県立近代美術館で石元泰博写真展を見る事。
画像に載せた建物が会場の鎌倉館で、坂倉準三が設計し、1951年に開館したものです。
今の基準で考えると、バリアフリーになっていないとか壁面が足りないとか、機能的な問題が有りますが、建築そのものは色褪せない魅力に溢れています。
鶴岡八幡宮の境内に妥協の無いモダニズム建築が実現した事は、快挙と言える出来事で、外観を見ているだけで清清しい気分になります。
観光地で見かけるような、安易に周囲の建物に合わせた和風建築とは全く違う、デザインのレベルの高さを示していると言えるでしょう。
もう1つの目的が、大学の同級生だった友人が設計した自宅を見せて貰う事。
用途も条件も全く違うので、近代美術館と比較するべきものではないですが、私が強く感じたのは、それが近代美術館のようなモダニズム建築を手本にも目標にもしていないと言う事でした。
一方で私が今までに設計した建物は、モダニズム建築を手本にしている所が未だに有って、そこには無視できない態度の違いが有ると思いました。
posted by masaaki at 16:05| Comment(4) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。ご無沙汰してます。美術館、見たくなりました。今度、帰国のさいには時間を作って鎌倉に行きたいと思います。
Posted by kimiyasu-k at 2012年05月31日 21:23
ご無沙汰しています。神奈川県立近代美術館は現在3つに分かれていて、鎌倉別館や葉山館の展示の方が良い事も有ります。行かれる前に確認される事をお勧めします。
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/index.html
Posted by masaaki at 2012年06月01日 10:32
こんにちは。
しばらく行ってないなぁと改めて思いました。
鎌倉にも、葉山にも、ゆったりと行きたいと思うので時間がとれない気になっていました。
葉山は松本俊介展ですね。
何とかやりくりして行ってきます。
Posted by strauss at 2012年06月03日 11:37
コメント有り難うございます。
松本竣介(こちらの漢字です)展は僕も行こうと思っています。
葉山館は綺麗ですが、自動車ないと行き難くて、少し縁遠く感じます。
Posted by masaaki at 2012年06月04日 16:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。