2012年02月28日

亡くなった叔父の事

日曜日の朝に従姉妹から電話が有って、叔父が亡くなったと聞かされました。
82歳と高齢ではありましたが、全く予期をしていませんでした。
正月に家へ遊びに行き、その後こちらへも来て貰ったばかりでしたから。
自分が歳を取り周りも歳を取れば、そうした事が増えるのもまた止むを得ないのでしょうが、歳を重ねた分だけ却って、厳しく感じられるようです。
知っている人が居なくなった世の中は、それまでとは別のもののように思われるのです。
父と血が繋がった兄弟でありながら、似ている所を探すのが難しい位に違っていた叔父。
しかし従姉妹にはやはり自分に近いものを感じる事が有って、そんな時は叔父が父のように思えたものでした。
posted by masaaki at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。