2012年01月31日

なるべく漢字で書こうとすると

前回「漢字が日本語をほろぼす」と言う本の事を書きましたが、自分の事を顧みると、普段文章を書く時にはなるべく漢字を使うようにしている事に気付きます。
しかしそうすると色々不都合を感じ、困る事が多いのです。
以下、具体的な例を幾つか挙げてみます。

2つの「辛い」
中国語でも韓国語でも大部分の漢字の読み方は1つなのに、日本語の場合は大抵何種類も読み方が有り、厄介です。
例えば、「辛い」には「からい」と「つらい」の両方の読み方が有り、意味は文脈から判断するしか有りません。
私は「からい」、「つらい」と平仮名で書いて区別しています。
中国語では、「からい」なら「辣(la)」、「つらい」なら「辛(xin)」か「苦(ku)」を使います。

「遅い」と「晩い」
逆の例で、「はやい」には時間を言う場合と速度を言う場合が有り、漢字で書く時にはそれを「早い」と「速い」と言うように使い分ける事になります。
しかし「おそい」となると、「晩い」が常用漢字の使い方として認められていないので、両方とも「遅い」になってしまいます。
私は時間の場合を「晩い」、速度の場合を「遅い」と書いて区別しています。
中国語では、時間なら「晩(wan)」、速度なら「慢(man)」か「遅(chi)」を使います。

「話」と「話し」
漢字に日本語本来の言い方を当て嵌める「訓読み」と言うやり方は、韓国語などには無いもので、色々と不都合を感じる事が有ります。
例えば同じ「話」の読み方が動詞であれば「はな」、名詞であれば「はなし」となってしまいます。
私は名詞についても動詞と同じように「話し」と書くようにしています。

「行って来る」、「うまく行く」、「やってみる」
漠然とした言葉や補助的な言葉に漢字を当て嵌めようとすると、迷う事が多く有ります。
例えば「いってくる」は、行った後で来る訳ですから、私は「行って来る」と漢字を使って書くようにしています。
「うまくいく」の場合、「うまく」を「上手く」と漢字で書く事には違和感が有るので平仮名とし、「いく」には「(事が)運ぶ」と言う意味を込めて「行く」と漢字で書き、全体としては「うまく行く」と書くようにしています。
「やってみる」の場合、「やって」には適当な漢字が無く、「みる」には「試す」と言う意味を込めて漢字で書きたい所ですが、「やって見る」は感覚的に不自然なので、「やってみる」と全て平仮名で書くようにしています。
しかし韓国語で考えると、「やる」の「ハダ」と「見る」の「ポダ」を合わせれば「やってみる」の「ヘボダ」となりますから、それを考えれば「やって見る」と書いてもおかしくはないと思います。

以上、4つの例を挙げましたが、似たような例はまだまだたくさん有るのです。
もし漢字を捨てる事でこのような煩わしさが無くなるのであれば、随分楽になるでしょう。
しかし自分としてはもう少し、漢字に拘ったまま文章を書いて行きたいと思っています。
posted by masaaki at 17:26| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日はコメントありがとうございました。今は悪質な落書もどきも残念な事に多く、コメントの方を頂いても全て削除してしまいます。申し訳ありません。しかし横浜も良い所です。その所々に鉄道の歴史も店もありますが、横浜もその地ならではの良さがあり、私的には好きです。私の場合はこれまで漢字や英語に拘った事がありません。何故なら、互いに思いが伝わればいいじゃん、こう思っているからです。以外にそういうものかも知れませんよ。
Posted by ピカリング at 2012年02月09日 14:53
ご連絡有り難うございます。
うまく投稿できなかったのかと思って2度書いてしまったかも知れません。
失礼しました。
文章については、コミュニケーションの道具だと考えればそうかも知れませんね。
ただ自分が会った事も無い人が読むとなると、どうしても色々考えてしまいます。
Posted by masaaki at 2012年02月09日 19:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。