2009年11月12日

夏椿の紅葉


夏椿の紅葉

去年の2月1日に山茶花(さざんか)や椿は建築家に人気が無いようだと書きましたが、同じ仲間の落葉樹である夏椿は随分人気が有るようです。
葉は薄く幹は滑らかで、全体の樹形が縦に長くなるので、軽快ですっきりとした感じになり、現代的な建物に合わせ易いのでしょう。
また狭い場所や日当たりが良くない場所にも植えられると言う点も好まれるのだと思います。
本来は標高が高く湿り気が多い、箱根のような場所を好んで自生するようですが、横浜や東京の住宅地でもしばしば見掛ける事ができて、今頃の季節には美しい紅葉を見せてくれます。
その様子は、楓のように木全体が一色に染まると言うものではなくて、微妙に異なる諧調を持った黄色や橙色、赤褐色が混じり合いながら、ところどころに緑色を残しつつ鮮やかな全体ができていると言うような、奥深い美しさです。
そのように多様なものが混じり合ってできる美しさと言うのは、どこか現代的な雰囲気を持っていると言う気がして、飽きずに何度も眺めてしまいます。
posted by masaaki at 22:24| Comment(2) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
いつの間にか紅葉の季節も終わりに近づいていますね。
夏椿は、昔鴎外についての何かの記述で知るところとなりましたが、実家近くのお寺の夏椿の開花を一度は見たいと思いながら果たせません。
昔ながらの民家の庭先に、というイメージがあったせいか、お寺の木はずいぶん高いので意外に思った記憶があります。
紅葉もいいのですね。
それにしても、さすがに観察眼が鋭いし、文章表現もお上手。
Posted by strauss at 2009年11月14日 13:28
コメント有り難うございます。
ここ何日かの雨で、画像に載せた夏椿もすっかり落葉してしまいました。
この木はシャラとみなされて、お寺に植えられる事も多いようですね。
花も綺麗ですが、長くは咲かないのでタイミングが難しいのでしょう。
Posted by マサアキ at 2009年11月14日 18:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。