2012年08月30日

元町で見たサンバ

元町サンバカーニバル2012年8月18日

8月18日の夕方、横浜の元町商店街でサンバのパレードを見ました。
野毛に拠点を置くエスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ(Escola de Samba Saude)と言うグループによるものです。
バラエティ豊かな衣装と踊り、また陽気な音楽と笑顔が楽しく、メンバーの熱心さや誠実さにも好感を持ちました。
事前に話しを聞いた時には、元町とサンバのイメージがうまく結び付かなかったのですが、この街は横浜の港ができて以来、積極的に新しい文化を取り入れて来たのですから、今また新しい何かが生まれようとしているのでしょう。
このグループはその後、浅草サンバカーニバルで2年連続となる優勝を果たしたそうです。

posted by masaaki at 18:13| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

建築技術2012年9月号コラム

建築技術2012年9月号

6月20日にここで書いたように、同月28日の夜、横浜市開港記念会館でarea045(エリアゼロヨンゴ)の催しとして、「横浜の建築家が見た東日本大震災の被災地」と題したシンポジュウムが開催されました。
その様子を今月発売された雑誌、建築技術2012年9月号のコラムで紹介しています。
シンポジュウムの内容がとても充実していたにもかかわらず、参加者があまり多くなかった事が残念だったので、こうした機会を得られて良かったと思います。
限られた紙面で、十分な内容になってはいないかも知れませんが、ご興味をお持ちの方はご一読下さい。
posted by masaaki at 19:27| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

榊の力

榊の苗

自宅に神棚が有り、榊を絶やさず供えるようにしています。
母が居た時は母の役目でしたが、今は私がやらなければなりません。
榊の木は庭に有るので、その枝を取ってくるだけで良いのですが、何事にも不精な方なので、決まった日に供えるのではなく、萎れてから取り替えるようにしようと考えました。
ところが新しい枝を供えた後、1週間経っても2週間経っても変わった様子が有りません。
1月以上経った頃、どうなっているのかと調べてみると、何と切り口の辺りに根が生えていました。
昔の人達はこの生命力を神秘的に感じて、神前に供えるようにしたのでしょうか。
その2本の枝を植木鉢に植え、育ててみようと思っています。
posted by masaaki at 19:21| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

555cafe

no.555一級建築士事務所

先々週の週末、横浜の根岸森林公園に近いT君の事務所兼自宅で、暑気払いをやりました。
半ば押し掛けで数人が集まった、持ち寄りのパーティーです。
友人が設計した建物を見るのは楽しいものですが、友人の仕事場を見る事にもまた違った楽しさが有ります。
今回訪問したT君の事務所は、自分が作った物や集めた物に囲まれた1室で、素直で若々しい雰囲気が感じられる場所になっていました。
それは彼の個性でもあり、彼が属する世代や時代の反映でもあるのでしょう。
画像に写っている犬の名前はジウジと言って、デザイナーのジョルジェット・ジウジアーロ(Giorgetto Giugiaro)から取ったそうです。
posted by masaaki at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

村上龍の新聞連載小説

近頃は新聞を取っている人が少なくなり、連載小説まで読んでいる人はさらに少ないようですが、私はつまらないと思わない限り、読むようにしています。
最近一番面白かったのは、神奈川新聞に7月8日まで連載されていた、村上龍の「55歳からのハローライフ」。
年齢が50台後半の様々な人物を主人公とした物語りが続く形式で、紅茶や緑茶、水などの飲み物が、それ等を結び付ける題材として登場します。
私自身の年齢はもう少し、あるいはかなり、下なのですが、登場人物の心の動きは痛みを伴う程、切実に感じられました。
また加工された写真による挿し絵が、著者本人によるものである事も、好ましいと思いました。

posted by masaaki at 18:05| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする