2011年03月25日

震災は続く

3月11日に震災が起きてから、2週間が経ちました。
東北地方では死者と行方不明者の数さえも定かにならず、ニュースを聞く度にその数字が増えています。
私が以前勤めていた事務所で関わった、宮城県の名取市文化会館は、建物自体は軽微な損傷で済み、現在は避難場所になっていると聞きました。
ここ横浜でも余震と計画停電が続き、放射能の影に怯えています。
その現況となっている福島第一原発では、今でも友人の子息が働いている事が解りました。
作業員が被爆した、などと言うニュースを見ると、自分の力が抜けて行くような、暗い気分になります。
一方で、自分自身の健康を考えて、野菜を買わないようにしようかと考えた時、それが生産地の農家の方々を苦しめてしまうのではないか、と心配になります。
或いは、今後の事を考えて、米を余分に買おうかと考えた時、それが被災地の方々の食事を奪う事になりはしないか、と心配になります。
何もかもが心配で、本当に落ち着きません
posted by masaaki at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

震災が起きて、横浜から


震災直後の設計室

3月11日に起きた震災で被害を受けられた方々には、心からのお見舞いを申し上げます。
以前仕事の関係で仙台に住み、名取へ通っていた事が有るので、テレビやラジオで地名を聞く度に、その街やそこでお会いした方々の事が思い出され、心が痛みます。
1人でも多くの方のご無事をお祈りします。
横浜に有る私の事務所でも当日、本棚が倒れた上に停電が起こり、仕事を続けられなくなりました。
大きな揺れが来る前に外へ避難したので、人的な被害は有りませんでしたが、普段からもっと対策を立てておくべきだったと、反省をしています。
多くの友人、特に海外に居る人達からは、安否を気遣う連絡を貰い、放射能の影響を受けないように、ここを離れるよう勧める人も居ました。
毎日のように計画停電が有り、仕事をする上でもかなりの不便を感じますが、当面このまま頑張るしかない、と思っています。
posted by masaaki at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする